Home » 南予ブログ » ローンの残っている住宅でも売ることは可能ですか?

ローンの残っている住宅でも売ることは可能ですか?株式会社 南予

category : 南予ブログ 2020.9.11
こんにちは!不動産から街を活性化!株式会社南予です。今日は不動産に関わる素朴な疑問を調べてみよう第4弾です
「ローンの残っている住宅も売ることできるの?」
はい!可能です。
不動産に設定されているローンの抵当権を引き渡し前までに抹消することが条件になることが多いです。
※抵当権とは・・・住宅ローンなどを借りるときに、購入する住宅の土地と建物に金融機関が設定する権利のこと。
もらった手付金や内金でローンの残額を完済し、引き渡しまでに抵当権の抹消を行います。
手付金や内金でローンを完済できない場合は、売買代金の最終決済のときまでに、抵当権抹消登記に必要な書類を用意しておき、受け取った代金でローン残高を返済し抹消登記に必要な書類一式を買主に渡し、同時に所有権移転登記に必要な書類を買主に渡す、ということになります。
実際に、ローンがある状態でも売却のご相談を受け、売買の契約が成立した事例もたくさんありますので、まずはご相談くださいね。
ではでは、今日もありがとうございました。
画像に含まれている可能性があるもの:空、木、屋外、、「不動産 ぎもん・ ぎもん・しつもん しらべちゃうもん vol. 4 不動産売却について! ローン残っている 住宅でも売ること できる?」というテキスト
ページトップへ戻る

コメントフォーム

Copyright(c) 2020 株式会社 南予 All Rights Reserved.
Fudousan Plugin Ver.1.4.4