Home » 南予ブログ » 土用丑の日に鰻重

土用丑の日に鰻重株式会社 南予

category : 南予ブログ 2021.7.28
こんにちは!不動産から街を活性化!株式会社南予です。
本日お昼は八幡浜市にあります「すし光」さんの鰻重いただきました✨
肝のお吸い物、鰻の骨などもついて充実セット
『土用丑の日』
なぜ、うなぎなの?について調べたことを!
土用は季節の変わり目で、特に夏の土用は夏バテになりやすいから、精のつくものを食べた方が良い、「丑」の「う」にちなんで、「うのつく食べ物を食べれば夏バテしない」という俗説から生まれたそうです。かの平賀源内が発案者だとも言われています。
「土用の丑」の「土用」は日常で聞く機会の少ない言葉であり、意味をよく知らないので「土用」についても調べてみました
「土用」は、中国の五行由来のもので、季節の移り変わりを知るために設けられた暦日のひとつです。
五行は木・火・金・水・土の5つの要素からなり、さまざまな事物に当てはめられました。たとえば方角では東が木、南が火、中央が土、西は金、北は水。味覚なら、辛さは木、塩辛さは火、苦さは土、甘さは金、酸っぱさは水といった具合です。
季節では、春は木、夏は火、秋は金、冬は水であると考えます。土だけがどの季節にも振り分けられないため、季節の変わり目を「土旺用事」と言ったそうです。「旺」は「盛んになる」を表す字で、「土旺用事」は「土の気が盛んになり、事を用いる」の意味とのこと。これを略して「土用」と呼んだわけです
ではでは、「う」の付く食べ物で夏を元気に乗りきりましょう~
季節料理ちゃんこ鍋『すし光』
八幡浜市仲之町
電話:0894-22-1130
ページトップへ戻る

コメントフォーム

Copyright(c) 2021 株式会社 南予 All Rights Reserved.
Fudousan Plugin Ver.1.4.4