Home » 南予ブログ » 高い査定価格がでたら

高い査定価格がでたら株式会社 南予

category : 南予ブログ 2014.7.17

こんにちは、株式会社南予の井上です。

梅雨明け間近、日中はとても暑い日でしたね。

みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

例年、四国地方の梅雨明けは気象庁のHPによると

平均すると7月18日。

異常気象などと言われますが、

例年通りに気候が変化していますね。

 

さて、今回は不動産の売却について考えてみたいと思います。

 

ブログをご覧になられている方の中には

不動産のご売却を経験されたこともある方も

いらっしゃるかもしれませんが

購入以上にストレスがかかるのが売却活動です。

 

私も過去に様々な方のご売却のお手伝いをさせていただきましたが

購入時よりも売却時のほうが私どもお手伝い差し上げる側も緊張感があります。

 

と言いますのも、一般的に市場に出ている不動産の価格は

不動産のプロである我々不動産業者や不動産鑑定士が決定します。

 

 

その価格が、売主様に偏った高い金額であれば売主様は喜ばれるでしょう。

私も本当の価格よりも売主様を喜ばせようと査定価格を高くご提案したこともありました。

しかし、結局それは一時の信頼は得られるものの、

やはり長く不動産が売れ残ることになると

当初と話が違うとお叱りを受けることになりました。

 

もちろん我々不動産会社はお客様の資産を高く売りたいですし、

そのための努力を行います。

 

ただ、査定価格が高い会社であったという理由だけで

不動産会社を選ぶと後々に売主様が本当に苦労される姿を何度も見てまいりました。

高い査定だけでは不動産会社は判断できません。

その土地の周辺でのお取引事例を持っているか、お客様の状況を把握しているか

良いことばかり言っていないか、売主様に対する対応は誠実か。

 

よい売却にはよいパートナーあり。

この記事が今後不動産を考える一つのきっかけになれば幸いです。

最後までご一読いただきありがとうございました。

 

 

 

 

ページトップへ戻る

コメントフォーム

Copyright(c) 2014 株式会社 南予 All Rights Reserved.
Fudousan Plugin Ver.1.4.4