Home » 南予ブログ » 語り伝える熊本地震の経験~地震保険の大切さ

語り伝える熊本地震の経験~地震保険の大切さ株式会社 南予

category : 南予ブログ 2016.11.3

「地震保険をあの時強くすすめていてくれてありがとう」
日本の各地域から、想定もしていなかったところから地震のニュースが飛び込んできます。
2016年4月14日と16日、観測史上初となる震度7を2回記録した平成28年熊本地震。弊社も代理をしております『富士火災』の、熊本地震を経験され地震保険にご加入されていたお客様、代理店、社員のインタビューを通して、地震保険の重要性が伝わってきます。ぜひ一度、ホームページ上のインタビュー動画をご覧ください。http://www.fujikasai.co.jp/…/in…/building/kumamoto2016.shtml

《お客様の声より一部抜粋》
●保険金がおりると聞き、涙がでるほどありがたく気持ちが楽になりました。
●再起の力となりました。本当にありがとうございます。
●調査対応のスピーディさ、決断の速さが生活支援の支えになりました。
●生活の不安が払しょくされ元気が出てきました。
●『全損』で保険金が入ることが分かり、家を建てる希望が持てました。
●商業用物件だったので資金ができ、従業員を守ることに繋がりました。
●賃貸だったので、引越し費用ができました。
●保険はなにかあってからでないと正直ありがたみ分かりませんでした。経験後、友人には加入をすすめすぐに入ってもらいました。
●素早い現地調査対応に近所からうらやましがられました。

弊社でも、家屋には地震保険の建物保険だけでなく、経験されたみなさまがそろって強くおススメする家財保険も合わせてご紹介しております。建物が『一部損』に判定されましても、家財保険があることで生活資金や建物の立て直しの一部としても使うことができるからです。
全てのお客様に地震保険の大切さ伝えたい~これからも強くご紹介していきます。

画像に含まれている可能性があるもの:6人、テキスト
ページトップへ戻る

コメントフォーム

Copyright(c) 2016 株式会社 南予 All Rights Reserved.
Fudousan Plugin Ver.1.4.4