Home » 南予ブログ » 子供たちに受け継いでたべさせたい伝統菓子

子供たちに受け継いでたべさせたい伝統菓子株式会社 南予

category : 南予ブログ 2021.6.2
こんにちは!不動産業で街を元気に活性化!株式会社南予です。

『とうまん』ってご存知ですか?

江戸時代の初め、長崎においてオランダ人から製法を伝えられ、現在もこの地で作られ続けている郷土銘菓です。古くからこの南予地方の代表的な名物として有名ですね。

銘菓を作るお店の灯が消えてきていたここ近年、なんと5年前から老舗の伝統菓子の味を受け継ぎ『手焼き唐饅頭』として作り始めたのが末廣製菓さんです。
お土産卸業を営んでいた末廣さん。お付き合いのある宇和島にあった老舗「みねだ製菓」さんの、職人気質でこだわりぬいた食材と製法で作られた唐まんにほれ込んでいたと言います。

灯が消える前に、かたいだけではない口どけのいい食感、また湿気に弱いため気温や湿度など繊細に調整しながら硬く練り上げる製法などをぜひ後世にも受け継いでいこうと決意。
別のお仕事もしながら夜な夜な、数か月通っては技術を見、真似して、ついに完成!今では、南予全域の道の駅や大手のスーパー、空港などの物産コーナーで販売しております。

小麦粉、麦芽水飴、糖蜜が主な原材料で、膨張材は入っているものの、無着色で無香、卵や乳製品はなし。固めということからもしっかりと顎を使って食べる、子供たちにもぜひたべさせたいお菓子だなと感じました。
焼けるのは一日1000枚、一枚一枚手焼きで手間暇かかっております。それだけ愛情もこもっていますね
味は黒糖餡と柚子餡、そして伝統的なパッケージですぐに分かりますが、可愛いパッケージのもの、10月から5月までの限定抹茶バージョンもいいです!

4か月もちますので、お土産もっていくなら郷土菓子の『唐饅頭』を世界へ!
これからも末廣さんの挑戦は続きます!
【末廣製菓】末廣知昭さん
住所:愛媛県大洲市平野町野田乙702‐4
電話:0893-23-2111
FAX:0893-23-1007
インスタグラム:kinzan_syussekiji
あの、出石寺の美味しいうどんのお出しはー!!末廣さん
+6件
ページトップへ戻る

コメントフォーム

Copyright(c) 2021 株式会社 南予 All Rights Reserved.
Fudousan Plugin Ver.1.4.4